English / 英語 Japanese / 日本

“Choosing Wisely” は、医師と一般市民を対象にした国際的な運動で、過剰な医療を減らし、以下に示すような適切な医療を推進することを目的としています。
• エビデンスに裏付けされている
• 患者が既に受けている他の検査や処置と重複しない
• 害がない
• 真に必要である
現在、欧州各国間ならびに各国内においても、小児に対する検査や治療に説明し難い大きなばらつきがあります。昔ながらのやり方、訴訟等に対する不安、資材の有無などの必ずしも科学的ではない要因が、ベストプラクティスでないにもかかわらず、様々な診断や治療方法の選択を左右している可能性があります。ごく一般的に行われている診療行為の中にさえ、過剰な検査(異常が見つかりそうにない、あるいは治療とは無関係な結果が得られる検査や診断方法)や過剰な治療(実施された医療行為や外科処置が患者の状態を改善する可能性が低く、一方で不必要なリスクが生じる可能性がある場合)とみなされうるものがあるかもしれません。
そこで、欧州各国および日本の様々な環境における一般的な治療法や診断法について、比較可能で信頼性の高いデータを収集します。このデータを、エビデンスに基づく欧州の推奨リストや資料の作成に活用していきます。

この調査では、EAP & JPS は個人データを収集または処理しないことに注意してください。 この調査は、集計された匿名の形式でのみ回答を収集するように設計されています。 回答は集計された方法でのみ評価され、結果もそのような形式で共有されます。


まずあなた自身について、以下の質問にお答えください。

この調査は終了しました。参加した小児科医に感謝します。



一般的な診療とベストプラクティス、過剰診断と過剰治療についてもっと詳しく知りたい方は、EAPの「Choosing Wisely」ウェブサイトをご覧ください https://www.eapaediatrics.eu/advisory-groups/choose-wisely/.